人気ブログランキング |

いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 07月 31日

本町田の家、設計スタート

町田でも駅前と違って、少しのどかさも感じられるところ、
敷地の南には児童公園、桜を望め、北側もずっと緑が続いています。
そんな環境を活かした子育て世代の等身大の住まい。
設計が始まりました。
b0147156_18000678.jpg
b0147156_18000656.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-07-31 18:06 | 本町田の家 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 29日

稲の大草原

梅雨が明けて暑い夏がやってきました。
日差しを一杯に浴びて植物たちの緑も濃くなります。
家の前の田んぼも稲がぐんぐん成長して、草原のようになっています。
b0147156_17180502.jpg
b0147156_17180519.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-07-29 17:21 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 24日

梅干し作りその4

梅雨空が続き、なかなか干せないでいましたが、昨日青空があらわれました。
これはチャンス!とデッキに梅を広げました。数時間ですが天日に当てることができました。
b0147156_09484782.jpg
b0147156_09484730.jpg
天日に当てることでどんな効果があるのかわかりませんが、とりあえず昔ながらのやりかたに習うことにします。
最後にガラス瓶に詰めます。塩分濃度20パーセントですと、常温で何年も保存できるそうです。
b0147156_09484719.jpg
ようやく完成しました!


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-07-24 09:56 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 19日

日連の家、着工

日連れの家、いよいよ着工です。
地盤が軟弱だったため、基礎工事の前に地盤改良工事を行います。
柱状改良という工法で、地面を筒状に掘りながら液体の固化材を入れ、土と攪拌して固める工法になります。
ベタ基礎の下に計35本の柱状体を配置していきます。
b0147156_17143434.jpg
b0147156_17143431.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-07-19 17:19 | 日連の家 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 12日

ワイヤーカーテンをつくる その3

ミシンで周囲を縫って、カーテンがようやくできました!
といっても、まだ半分ですが。。。
b0147156_14571969.jpg
b0147156_14571957.jpg
光が透けて柔らかい。視線も適度に。。
フニャフニャした生地なので縫うのが大変みたいです。
b0147156_14582033.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-07-12 14:58 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 08日

薪ストーブのメンテナンス

薪ストーブのメンテナンスに来てもらいました。
5か月間ほぼ毎日使っていましたので、煙突の煤がどれくらいついているか気になります。
また、次からは自分できるようにしたいので、詳しく教えてもらいながらの作業となりました。
b0147156_17284465.jpg
煙突掃除の前にまずはストーブ本体をしっかり養生をします。
細かな灰が飛び散る可能性がありますので。
b0147156_17284421.jpg
そしていよいよ屋根の上へ。
ヘルメットとグローブ、滑りにくい靴を履いて上がりました。
b0147156_17334687.jpg
煙突のトップを外します。差し込んであるだけですが、かなり硬め。引き抜くのに力が要ります。
b0147156_17284551.jpg
b0147156_17284419.jpg
ブラシにロッドを継ぎ足しながらストーブに当たるまで掃除してきます。
幸いなことにサラサラの煤でした。一往復で簡単に綺麗になります。
b0147156_17284562.jpg
ストーブトップは地面に下ろしてから刷毛で掃除します。
外気と触れて温度が下がるところなので、ここに一番煤がついていました。
b0147156_17382951.jpg
トップを差し込んで煙突の掃除は終了です。
次はストーブ本体の掃除になります。
b0147156_17393879.jpg
グリドルと触媒を外し、刷毛を使って煙突から落とした煤を炉内に落としていきます。
b0147156_17284495.jpg
上から順に掃除していき、一番下の炉底まで煤を落としていきます。
そしてここから煤と灰と一緒に全て取り出します。
煙突はバラさないで良いとのこと、これなら自分でもできそうです。
b0147156_17421008.jpg
触媒や底に敷いてあったグレートも綺麗にします。


b0147156_17420421.jpg
サイドドアの開閉にゴリゴリ感があったので、ヒンジに耐熱グリースを塗ってもらいました。
b0147156_17284416.jpg
b0147156_17481527.jpg
最後は仕上げのクリーニング、ガラス面をガラスクリーナーで綺麗にし、本体はストーブポリッシュで磨いて艶々になりました。

b0147156_17511758.jpg
b0147156_17284412.jpg


b0147156_17525504.jpg
b0147156_17284454.jpg
ワンシーズン使った後の炉内はこんな状況。
大分使い込んだ感じになりました。高温で燃やすので錆びるのは仕方ないみたいですね。

来年は自分で頑張ってみたいと思います!



自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-07-08 17:59 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 04日

梅干し作りその3

梅干し作りの続き〜
三日ほどで梅の水分が上がってきたので、赤しそを加えます。
洗った葉を塩もみしてアクを出してます。
b0147156_12351965.jpg
b0147156_12351905.jpg
そして梅に加えます。
梅干しのあの色って、赤しその色なんだなって!
当たり前のことに今更ながら気付かされます。
b0147156_12351961.jpg
b0147156_12352077.jpg
このまま、梅雨明けまで浸けておきます。
早く青空にならないかしら。。


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-07-04 12:40 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 02日

梅干し作りその2

梅干し作りの続きです。
よく洗ったら、竹串でへたをとり、塩漬けにします。
1kgの梅の実に200gの塩の割合にしました。
これくらいの塩分濃度にすると腐ったりする失敗が少ないそうです。
b0147156_07405962.jpg
b0147156_07410028.jpg
b0147156_07410023.jpg
そして上からラップを掛け、重しをして置いておきます。
しばらくすると、梅の実から水分が出てきました。
それと桃のようなとても良い香りも。
b0147156_07410063.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-07-02 07:47 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)