人気ブログランキング |

いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 23日

愛川の家、屋根工事

愛川の家、屋根の工事に入りました。
ガルバリウムの原板を現場に持ち込んだ機械でハゼ折りしていきます。
敷地に余裕がある場合は現場加工することで、継ぎ目の少ない長い部材をつくることができます。
b0147156_15501379.jpg
愛川の家は二種類の葺き方で施工します。
一般的な勾配がとれるところは横葺き、チムニーのある勾配が緩いところは縦ハゼ葺きとします。
意匠性と防水性との兼ね合いで、最適な葺き方を使い分けます。
b0147156_15501346.jpg
下から徐々に葺き上がり。。。
b0147156_15501360.jpg
最上部まで到達。ようやく雨が降っても安心な状態になりました!
b0147156_15501376.jpg
家の前の田んぼに水が入って。。。田植えの季節です。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-05-23 16:00 | 愛川の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 21日

大磯の家、造作工事

大磯の家、大工さんの工事は後半となり、造作工事をしています。
造作とは建具の枠や床の幅木、天井の見切りなどを指します。細かな仕事が多くなります。
b0147156_09024993.jpg
天井の回り縁の取り付け
b0147156_09025085.jpg
洗面所のスライド鏡の枠
b0147156_09025054.jpg
居間の大きな本棚も現場で作っています。造りつけで壁に固定します。
b0147156_09025050.jpg
外壁には防水紙の上に金網が張られました。
波状になっており、ここにシラス(火山灰の塗り壁材)の下塗り材が喰い付くように塗られます。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-05-21 09:11 | 大磯の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 16日

愛川の家、ウッドロングエコ塗装

愛川の家、筋交いが入りました。
それに併せて各部に接合金物も取り付けられています。
耐力壁が集中する場所には、大きな力がかかりますので、ホールダウン金物など柱の引き抜きを防止する補強が入ります。
b0147156_08425391.jpg
b0147156_08422951.jpg
b0147156_08422941.jpg
私の方は杉板を広げてウッドロングエコを塗っています。
鉄分が主体の酸性の塗料です。木材を酸化させることで防腐効果を高めます。
塗ってしばらくするとシルバーグレーに発色していきます。
b0147156_08422983.jpg
b0147156_08423082.jpg
簡単に塗ることができるので、施主施工におすすめの塗料です。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-05-16 08:51 | 愛川の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 12日

いずみ野の家、完成から一年

いずみ野の家、完成から一年が経ち、工務店の監督さんと点検に伺いました。
自分の中ではあっという間ですが、小さかったお子供さんが大きくなり、また新しい命が産まれ、時の経つのを感じます。
b0147156_22070541.jpg
外まわりに木々が植えられ、しっくいの外壁に新緑が映えます。
b0147156_22070538.jpg
玄関アプローチも豊かになりました。

室内は杉の床が子供たちによって傷やへこみがつき、障子の紙が破られてということもありましたが、
腕白なのも良いこと、多少のことは大らかに過ごされているようです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-05-12 22:22 | いずみ野の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 02日

田園の大きな屋根

棟上げ後の愛川の家です。
棟梁が屋根の上で野地板を張り、チムニーをつくっています。
b0147156_14342058.jpg
田園地帯の風景に馴染むように大らかに屋根をかけ、居間の上には明かり採りと熱気抜きを兼ねた高窓を設けています。
b0147156_14341993.jpg
昔の農家の茅葺屋根を習って、兜造り風のデザインにしてみました。
b0147156_14342080.jpg
b0147156_14341980.jpg
この窓、2階に上がるとこんな眺望が楽しめます。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-05-02 14:48 | 愛川の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 02日

あちこち杉板張り

大磯の家、2階の床板が張り終わりました。
1階は天井を張らず、2階の床の裏側がそのまま仕上げとなります。
踏み天井という、昔の民家にみられるような造りです。
b0147156_13380856.jpg
構造の梁がそのまま見え、ダイナミックな力強い空間になります。
(天井裏がない分、電気配線が大変だったり、2階の音が伝わりやすいデメリットもありますが)
b0147156_13380867.jpg
2階の天井は羊毛の断熱材の下に天井を張ります。
屋根の形なりに斜めに張っていくので、気持ちの良い高さ。
b0147156_13380884.jpg
外壁は左官の為の下地を張っています。これは杉板をすのこ状に張ったものです。
内も外もふんだんに杉の無垢材が使っており、現場には木の香りが漂っています。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-05-02 13:51 | 大磯の家 | Trackback | Comments(0)