人気ブログランキング |

いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々のこと( 11 )


2019年 05月 20日

ワイヤー吊りカーテンをつくる

自宅のカーテンをどうしようか悩んでいましたが、夏前にはさすがにつけないと!となり、
ワイヤー吊りのカーテンをつくることにしました。
うちの場合、寝室以外は簡素なもので十分で、カーテンというよりも布を吊る程度のもの。
b0147156_07480812.jpg
金物はホームセンターで揃います。
足長よーと、オーバルスリーブ、カーテンクリップ、ステンレスワイヤー。
クリップはイケアで購入しました。
b0147156_07480800.jpg
足長よーとは窓枠の両側にねじ込み、フックにします。
ワイヤーのテンションがかかるのでネジ足の長いものが良いと思う。
b0147156_07480914.jpg
スリーブはワイヤーの両端を輪にするのに使います。
ペンチでかしめるだけでシンプルな納まり。ただし、一発勝負になります。
ワイヤーの張り具合が大切なので、ここが勘所になると思う。
b0147156_07480969.jpg
サーキュラースリーブという便利な留め具も。
これならやり直しがききます。
b0147156_07480945.jpg
ワイヤーの取り付けが終わったら、クリップを掛けます。
b0147156_08010467.jpg
最後は肝心の布選び!
お古のカーテンやハギレを吊るして、透け具合を試しています。
いつになったら完成するかな。。。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-05-20 08:09 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 17日

薪ストーブのシーズンオフ

はじめて導入した薪ストーブ、10月末に火を入れ、ここまで楽しんできました。
5月上旬まで焚いていたので、約6ヶ月も使っていたことになります。

炉内はだいぶ使い込んだ感じになりました。
初回はストーブ屋さんに煙突掃除をしてもらう予定ですが、
次からは自分でメンテナンスできるようになりたいと思っています。
b0147156_08063842.jpg
焔の生活が終わって少し寂しい気持ち。
片付けと掃除をしながら、もう次の冬が待ち遠しいです!
b0147156_08063835.jpg



自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-05-17 08:28 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 15日

田植えの季節

田んぼに水が引かれ、田植えの季節がやってきました。
水が入ると一面鏡の様になります。
自宅と裏山が逆さに写っているのがわかりますか?
b0147156_07452870.jpg
そうしているうちに稲が用意されていきます。
この時期の農家はとても早起きです。
b0147156_07452893.jpg
b0147156_07452803.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-05-15 07:50 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 08日

薪ストーブの触媒の清掃

薪ストーブシーズンは終盤になりましたが、まだ朝と晩に焚いています。雨の日の日中も肌寒いですし。
でも、暖かい日はもうお日様の暖かさだけで十分、ストーブが冷えているのを待って触媒の清掃をしました。
b0147156_09003223.jpg
グリドルを外して、円筒状の触媒を取り出して、網の目の中の灰を刷毛で掃除します。
割ったり欠けたりしないように、丁寧に扱います。
b0147156_09003286.jpg
再度セットして終了。30分位で出来るプチメンテです。
b0147156_09003297.jpg
気のせいか排気の抜けが良くなった気分。まだしばらくは活躍してもらいますよ〜!



自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-03-08 09:11 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 15日

石のカイロ

寒い日の設計室では、薪ストーブの熱を利用した石のカイロを使って仕事をしています。
まずはアグニの天板でお気に入りの石を熱します。
グリドルの温度は300℃以上になりますから、すぐにチンチンに。。。
b0147156_18285351.jpg
それを適当な布に入れ(熱いので火傷しないように軍手で)
b0147156_18285373.jpg
さらに厚手の布にくるんで温度調節。
膝の上に置いておくと2、3時間はジンワリ暖か。
繰り返し使えるエコなカイロでした。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2019-01-15 18:39 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 23日

クリスマスリース

妻と子供達が散歩に出かけて蔦や葉っぱ、木の実を集めてきた。
田舎なのでちょっと歩くといろいろな素材が集まります。
そしてクリスマスリース作り。
b0147156_22260064.jpg
男の子二人ですが、こういうの好きなのです。
3つできたので、玄関や仕事場に飾っています。
b0147156_22260080.jpg
クリスマスですね。


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-12-23 22:32 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 19日

薪ストーブで朝ごはん

本格的な冬がやってきました。
まだ薄暗い朝、寝床から抜け出すと最初の仕事は薪ストーブに火を入れること。
焚きつけを多めに入れて点火し、ストーブを350℃まで温めます。
(松ぼっくりや牛乳パックを着火剤にして、上手く点火できるかが最近のささやかな楽しみ)
b0147156_22341081.jpg
そして、天板の上では朝ごはんの準備です。フライパンで目玉焼きをつくり、鍋で味噌汁を温めます。薬缶ではお湯を沸かします。
b0147156_22341098.jpg
ちょっと載せすぎでしょうと思いますが、こんな感じで毎日大活躍しています。


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-12-19 22:46 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 24日

冬支度

冷え込む日が増え、朝と晩の2回薪ストーブを焚くようになってきました。
薪を置き場へ取りに行く回数が増えてきたので、ウッドデッキ下に入るだけの薪を移すことにしました。
b0147156_22075878.jpg
ここからデッキ上のストッカーに薪を入れ、リビングに運べば直ぐにストーブです。
ストーブの脇に1、2日分の薪と焚きつけを用意しておきます。
こうすることで、置き場まで凍えながら薪を取りに行くことがなくなります。
b0147156_22075883.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-11-24 22:18 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 06日

薪ストーブでピザを焼く

まだ本格的な寒さではありませんが、寝る前に少し薪ストーブを焚くことが多くなってきました。
そうすると風呂上がりに湯冷めしないで、寝ることができます。

暖房だけでなく、料理にも活躍します。
週末我が家ではピザ作りに初挑戦です。
先ずは生地作りからはじめ、ストーブの近くで温め発酵を進めます。
b0147156_22162895.jpg
そして整形して具材をトッピング、子供達も参加して作りました。
b0147156_22162911.jpg
ストーブはあらかじめ薪をくべておいて、熾火の状態にしておきます。
焼くタイミングに合わせるのがなかなか難しいです。
b0147156_22162948.jpg
アグニには専用の五徳があるので、こんな感じにピザを置くことができます。
3分くらいであっという間に焼けます。
b0147156_22162904.jpg
薪で焼いただけあって、ちょっとスモーキーな風味で、パリッと美味しくできました!
b0147156_22162902.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-11-06 22:34 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 26日

薪ストーブの火入れ

愛川の家の薪ストーブの火入れに、ストーブ屋さんが来てくれました。
我が家のストーブはアグニCC。岐阜の国産ストーブです。
杉や桧などの針葉樹でもゆっくり燃やせるという特徴を持っています。
b0147156_17290335.jpg
初めは慣らし焚きをします。焚きつけを入れて着火材で火をつけました。
音もなく思ったよりも素直に燃えるように感じました。
b0147156_17290354.jpg
温度が上がってくるとうっすらと白い煙がでてきました。
機械油の焼けるような臭いです。窓を開けながら燃やし続けます。
初回に塗装や油を焼き切る必要があるそうで、だんだんと煙と臭いは消えました。
b0147156_17290377.jpg
その後はいきなりの焼き芋!炎の様子を見つめながらのんびりと待ちました。
火加減がわからなくて少し芯が残っていましたが、冬になるのが楽しみです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2018-10-26 17:38 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)