いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々のこと( 4 )


2018年 11月 24日

冬支度

冷え込む日が増え、朝と晩の2回薪ストーブを焚くようになってきました。
薪を置き場へ取りに行く回数が増えてきたので、ウッドデッキ下に入るだけの薪を移すことにしました。
b0147156_22075878.jpg
ここからデッキ上のストッカーに薪を入れ、リビングに運べば直ぐにストーブです。
ストーブの脇に1、2日分の薪と焚きつけを用意しておきます。
こうすることで、置き場まで凍えながら薪を取りに行くことがなくなります。
b0147156_22075883.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-11-24 22:18 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 06日

薪ストーブでピザを焼く

まだ本格的な寒さではありませんが、寝る前に少し薪ストーブを焚くことが多くなってきました。
そうすると風呂上がりに湯冷めしないで、寝ることができます。

暖房だけでなく、料理にも活躍します。
週末我が家ではピザ作りに初挑戦です。
先ずは生地作りからはじめ、ストーブの近くで温め発酵を進めます。
b0147156_22162895.jpg
そして整形して具材をトッピング、子供達も参加して作りました。
b0147156_22162911.jpg
ストーブはあらかじめ薪をくべておいて、熾火の状態にしておきます。
焼くタイミングに合わせるのがなかなか難しいです。
b0147156_22162948.jpg
アグニには専用の五徳があるので、こんな感じにピザを置くことができます。
3分くらいであっという間に焼けます。
b0147156_22162904.jpg
薪で焼いただけあって、ちょっとスモーキーな風味で、パリッと美味しくできました!
b0147156_22162902.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-11-06 22:34 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 26日

薪ストーブの火入れ

愛川の家の薪ストーブの火入れに、ストーブ屋さんが来てくれました。
我が家のストーブはアグニCC。岐阜の国産ストーブです。
杉や桧などの針葉樹でもゆっくり燃やせるという特徴を持っています。
b0147156_17290335.jpg
初めは慣らし焚きをします。焚きつけを入れて着火材で火をつけました。
音もなく思ったよりも素直に燃えるように感じました。
b0147156_17290354.jpg
温度が上がってくるとうっすらと白い煙がでてきました。
機械油の焼けるような臭いです。窓を開けながら燃やし続けます。
初回に塗装や油を焼き切る必要があるそうで、だんだんと煙と臭いは消えました。
b0147156_17290377.jpg
その後はいきなりの焼き芋!炎の様子を見つめながらのんびりと待ちました。
火加減がわからなくて少し芯が残っていましたが、冬になるのが楽しみです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-10-26 17:38 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 22日

実りの秋

今、自宅の庭は果物が収穫時です。
柿、柚子、みかん。。。
b0147156_22041240.jpg
ここは元々は農家の家がありました。だからきっと食べられる木をたくさん植えたのでしょう。
その場でもいですぐ食べる。初めての体験に子供もはしゃいでいます。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-10-22 22:12 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)