いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中野坂上の家( 15 )


2018年 12月 06日

中野坂上の家、完成見学会のお知らせ

中野坂上の家、ようやく完成が近づいてきました。
施主さんのご厚意により完成見学会を開催します。
12/21(金)、12/22(土)の二日間、時間は10:00〜16:00となります。
自然素材住宅に興味のある方でしたら、どなたでも参加できます。
小さなお子様は親御さんが手を繋いで見学をお願いします。
b0147156_13484325.jpg
使い込まれた茶箪笥やちゃぶ台、子供の頃に図工でつくった掛け時計。。。
古い道具を大切に使う、そんなご夫婦に馴染む懐かしい雰囲気の家になりました。

申し込みは、いちかわつくみ建築設計室のホームページからお願いいたします。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-12-06 13:58 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 26日

食卓カウンターの製作

中野坂上の家では、キッチン対面の食卓カウンターを設けます。
共働きのご夫婦ですから、朝忙しい時間はここで食事を済ませます。
b0147156_18281930.jpg
施主さんの選んだ天板は山桜。赤みがかったとても綺麗な木目です。
棟梁が石膏ボードの裏に原寸で図面を引いて、検討しています。
L型に回り込むので、継ぎ合せる部分が難しい。
b0147156_18361679.jpg
継ぎ合せの裏側です。雇い実で反りを抑え、両側からボルトで引きます。
見えないところで細工をしています。
b0147156_18361746.jpg
そしてついに取り付けられました!
荷重がかかりますので、支えの方杖(丸棒)を入れます。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-11-26 18:40 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 08日

階段ができました!

中野坂上の家に階段ができました。
大工仕事の中でも難しい工事の一つです。
b0147156_21104741.jpg
この家では蹴込板(縦の板)のある一般的な階段とストリップ階段を組み合わせています。
登り始めの4段目までは玄関ホールに突き出してくる形になるので、ホールの一体感を出すためにストリップ階段にしました。
普通はどちらか片方の方式にしますので、ちょっとお得な感じ。
b0147156_21104755.jpg
しかしこの段板、ビスや釘の跡が一切見当たらない。。。
どうやって固定しているの?と棟梁に聞いたら、「秘密!」と言われてしまいました。
b0147156_21104791.jpg
こんな普通は気づかないところにも。。。大工の技が光っています。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-11-08 21:23 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 31日

中野坂上の家、軒裏の防火工事

中野坂上の家、外壁の下地工事が始まりました。
防水紙の上にラス網を張って足場をつくり、そこに左官材料を塗っていきます。
b0147156_18095728.jpg
通常は準防火地域であれば軒裏にも防火性が求められますが、この家では野地板まで防火構造の壁(ラスモルタル20mm)を塗り上げる方法を取っています。
これにより、軒天井は防火の制限を受けずに自由に仕上げることができます。
b0147156_18095612.jpg
だんだんと太陽高度が下がってきていますが、越屋根のおかげで明るいリビングになりそうです。
またキッチンのレンジフードの排気ダクトも取り付けられました。
b0147156_18095759.jpg
自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-10-31 18:20 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 10日

中野坂上の家、床板張り

中野坂上の家、床板張りに入っています。
杉の節あり材です。これくらい節がある方が野趣があって個人的には好みです。
b0147156_15385347.jpg
幹の中心に近いところから挽いた板は赤色の材、外側は白色の材になります。
中間は赤白混ざりの材となり、源平材と呼んでいます。
赤または白と、色を指定して張る場合もありますが、材料を選別する手間で高額になってしまいます。
数年もすれば日焼けで色が揃ってきますので、自然に混ぜて張ることがほとんど。
b0147156_15385396.jpg
二階は勾配の天井板を張り終えました。
こちらはほぼ無節の杉板です。あっさりと品のある雰囲気になります。
毎日見上げて、さぞ大工さんは肩と首が痛くなったことでしょう!

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-10-10 15:51 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 12日

天井の野縁組み

中野坂上の家、天井の野縁組みをしています。
天井を張るための下地を野縁と言います。
b0147156_17491525.jpg
1階の天井は上の2階の床を歩いたときの影響が出ないよう、野縁の取り付け方に配慮してもらっています。
パッと見ではわからない部分なのですが、細かな気遣いのできる大工さんです。
b0147156_17491541.jpg

愛川の家、9月22日、23日、24日に完成見学会を予定しています。
詳しくは、愛川の家完成見学会のお知らせをご覧ください。


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-09-12 17:56 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 05日

中野坂上の家、ラス下地張り

中野坂上の家、外壁にラス下地を貼っています。
外壁に左官仕上げをするための下地になります。杉板をすのこ状に隙間を空けて張っていきます。
b0147156_17283704.jpg
屋根には羊毛の断熱材が入りました。これだけで幾分暑さが和らぎます。
b0147156_17283842.jpg
また、給排水管の配管も進んでいます。
2階リビングのプランですので、一階の天井裏に2階の配管スペースがきます。
スムーズな排水のためには、適切な経路と勾配が取れるように、設計段階から検討しておくことが大切です。
b0147156_17283808.jpg

愛川の家、9月22日、23日、24日に完成見学会を予定しています。
詳しくは、愛川の家完成見学会のお知らせをご覧ください。


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-09-05 17:39 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 06日

中野坂上の家、屋根工事

中野坂上の家、屋根工事に入っています。
ルーフィングを張った上にガルバリウム鋼板を葺いていきます。
屋根の下も猛暑ですが、屋根の上は火傷しそうな暑さです。
板金屋さんが熱中症にならないか心配です。
b0147156_14020633.jpg
b0147156_14020609.jpg
自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

[PR]

by tsukumi_archi | 2018-08-06 14:09 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 26日

中野坂上の家、筋交いや接合部の工事

中野坂上の家、構造の工事が続いています。
耐力壁となる壁には筋交いが入り、柱や梁などの継手や仕口には補強金物が取り付けられていきます。
b0147156_13580137.jpg
b0147156_13580237.jpg

そしてこの家の特徴の一つ、越屋根。
大屋根の棟よりも高い位置に窓を設けています。
都心の住宅密集地でも光と風通しを得る為の工夫です。
b0147156_13580208.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-07-26 14:08 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 19日

中野坂上の家、棟上げ

中野坂上の家、棟上げです!
梅雨時で雨が心配でしたが、無事に棟上げできました。
b0147156_13454060.jpg
棟まで届く長さの大黒柱。
ここに四方から梁が入ります。この日の作業で一番大変な仕事です。
b0147156_13453911.jpg
そして棟木が掛かった瞬間です!
b0147156_13454034.jpg
暗くなる前になんとか小屋組まで進めることができました。
皆さまお疲れ様でした!



自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-07-19 13:53 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)