いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 02日

田園の大きな屋根

棟上げ後の愛川の家です。
棟梁が屋根の上で野地板を張り、チムニーをつくっています。
b0147156_14342058.jpg
田園地帯の風景に馴染むように大らかに屋根をかけ、居間の上には明かり採りと熱気抜きを兼ねた高窓を設けています。
b0147156_14341993.jpg
昔の農家の茅葺屋根を習って、兜造り風のデザインにしてみました。
b0147156_14342080.jpg
b0147156_14341980.jpg
この窓、2階に上がるとこんな眺望が楽しめます。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-05-02 14:48 | 愛川の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsukumi293.exblog.jp/tb/28290611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< いずみ野の家、完成から一年      あちこち杉板張り >>