いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 02日

あちこち杉板張り

大磯の家、2階の床板が張り終わりました。
1階は天井を張らず、2階の床の裏側がそのまま仕上げとなります。
踏み天井という、昔の民家にみられるような造りです。
b0147156_13380856.jpg
構造の梁がそのまま見え、ダイナミックな力強い空間になります。
(天井裏がない分、電気配線が大変だったり、2階の音が伝わりやすいデメリットもありますが)
b0147156_13380867.jpg
2階の天井は羊毛の断熱材の下に天井を張ります。
屋根の形なりに斜めに張っていくので、気持ちの良い高さ。
b0147156_13380884.jpg
外壁は左官の為の下地を張っています。これは杉板をすのこ状に張ったものです。
内も外もふんだんに杉の無垢材が使っており、現場には木の香りが漂っています。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2018-05-02 13:51 | 大磯の家 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsukumi293.exblog.jp/tb/28290521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 田園の大きな屋根      愛川の家、棟上げ >>