いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 18日

外壁の左官工事

b0147156_9543561.jpg

外壁には火山灰を原料にした土(シラス)を使っています。
現在主流の吹付け塗装やサイディングと違って、手間もお金もかかりますが、後々の塗り替えや張り替えのメンテナンスが要りません。長い視点で見ればこちらを選択したいものです。
b0147156_9543631.jpg

コテで手際良く塗りつけた後、乾き具合を見計らって、表面の骨材を金櫛で掻き落として凹凸をつけていきます。吹付けでは出せない、深みのある表情になります。
掻き落とすタイミングは季節や天候によって変わり、左官屋さんの経験が生きる場面です。
自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2011-05-18 10:08 | 川崎市Y邸 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsukumi293.exblog.jp/tb/15564429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 緑のカーテン2(ネットをかける)      内部、造作工事 >>