人気ブログランキング |

いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 17日

小屋裏階段

b0147156_16104385.jpg

b0147156_16593662.jpg

小屋裏への階段ができました。
この階段は固定階段ですので、1、2階の階段と同じように歩いて昇り降りができます。
小屋裏の空間を積極的に使いたい方にはこちらが良いでしょう。(手すりはまだこれからです)

一方、はしごにする場合は壁掛けにしたり天井に収納することで、使わない時はすっきりさせておくことができます。ただし荷物を持ってとか、頻繁に昇り降りするとか、そんな使い方には向いていません。
b0147156_16105442.jpg

S邸は小屋裏空間も有効に楽しみたいということで、固定階段にしています。
トンネルみたいな細長い小屋裏。子供たちの遊び場になるのかな。。。

小屋裏への階段をどんな風にするかは、施主さんの生活の仕方やプランニングによって検討していきますが、固定階段にしたい場合は少々注意が必要になります。
何故かと言うと建築基準法の解釈が地域によって違うためです。
固定階段は神奈川県でしたら全域でだいたいOK、しかし東京都ではNGの場合がほとんどです。さいたま市は確かOKだったような。。。
法律の解釈が地域によって違うのは困ったことです。計画の初めの段階で役所へ相談に行っておいた方が無難でしょう。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

by tsukumi_archi | 2008-12-17 16:41 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://tsukumi293.exblog.jp/tb/10049109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 岸本 直 at 2008-12-17 23:43 x
「地域によって違う」だなんて、ホント何とかして欲しいですよね!
Commented by tsukumi_archi at 2008-12-19 19:11
きし、コメントありがとう。
ここらへんは、建築基準法の条文にちゃんと書いていないところだよね。
変に厳格になって融通が効かなくなるのも困るけれど。


<< 軸組のチェック      ちいさな世界 >>