いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 17日

玄関戸に柿渋を塗る

愛川の家、水田が緑の草原のようになっております。
b0147156_09344833.jpg
杉の玄関戸が出来あがってきましたので、塗装をすることにしました。
はじめに柿渋を塗り、蜜蝋ワックスで仕上げます。
b0147156_09344683.jpg
b0147156_09344682.jpg
柿渋は渋柿を発酵させたもので、タンニンの成分に防腐効果があります。
また、赤茶色に発色しますので、塗り重ね回数で好みの色合いにできます。
今回は元々の杉が赤身でしたので2回塗りで充分な色になりました。

本来の柿渋は乾くまでは強烈な発酵臭がするのですが、最近は無臭の製品が出てきています。
試しに使ってみましたが本当に臭いません!
b0147156_09344635.jpg
建具を外して、下面など雨で傷みやすい部分にもしっかり塗装しました。
b0147156_09344785.jpg
柿渋は耐水性が高くないので、そのままでは雨がかりがあると流れてしまいます。
その為、さらに蜜蝋ワックスを塗って撥水するようにしました。
ワックスは時々塗り直しが必要になりますが、経年変化が楽しみです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

# by tsukumi_archi | 2018-07-17 09:54 | 愛川の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 11日

大磯の家、足場が取れました。

大磯の家、ついに足場が取れました!
居間の前の縁側ができれば外回りはほぼ完成です。
ガルバリウムの切妻屋根にシラス壁、ウッドロングエコ塗装の杉板で落ち着いた風合いになりました。
b0147156_15233172.jpg
内部では建具屋さんが框戸や襖の吊り込みをしています。
はめ込むだけで終わりではなく、繊細な調整をしてスムーズに動くようにしていきます。
b0147156_15233134.jpg
b0147156_15233180.jpg
その他、洗面器や便器などの衛生機器も取り付けられていきます。
b0147156_15233211.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

# by tsukumi_archi | 2018-07-11 15:31 | 大磯の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 10日

中野坂上の家、基礎の完成と外まわりの検討

中野坂上の家、基礎が完成しました。
外まわりでは、排水管の埋設工事をしています。
b0147156_11043417.jpg
b0147156_11043476.jpg
そして、この後はいよいよ棟上げです。
その前に、施主さんと屋根やサッシの色、外壁の仕上げなどを検討しておきます。
棟上げ後の構造体をできるだけ雨に濡らさないように、屋根とサッシは早めに発注しておきます。
b0147156_11043489.jpg
古いものを大切に使っている施主さんなので、
家の外観も時を経たような懐しいイメージにしてみました。


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

# by tsukumi_archi | 2018-07-10 11:17 | 中野坂上の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 03日

床と天井の板張り

愛川の家、天井と床板を張っています。
無垢の杉板を一枚一枚。。。時間がかかります。
b0147156_13103300.jpg
こちらは二階の床板張り。
b0147156_13103362.jpg
見えてくる柱には溝を突いて、床板を差し込んでいます。
柱も床も湿度で伸び縮みしますので、そんな時に隙間が空かないように。
下の写真は丸太の大黒柱と床板のアップです。
b0147156_13103360.jpg
自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

# by tsukumi_archi | 2018-07-03 13:18 | 愛川の家 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 02日

大磯の家、器具付け

大磯の家、内外の左官工事が終わりました。
外壁はシラスの火山灰が原料のそとん壁の掻き落とし仕上げです。
b0147156_10234989.jpg
室内はタナクリーム塗り。
b0147156_10234942.jpg
次ぎは器具付けです。照明器具やテレビアンテナなどを取り付けていきます。
b0147156_10235012.jpg
足場が取れるのが楽しみです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室

[PR]

# by tsukumi_archi | 2018-07-02 10:31 | 大磯の家 | Trackback | Comments(0)