いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 22日

基礎の配筋

基礎の配筋が出来上がり、検査を行なってきました。
各通りの鉄筋がそろっていて丁寧な仕事ぶりです。
b0147156_1403091.jpg

使用されている鉄筋の種類や太さ、間隔が適切かどうかチェックします。
b0147156_1424374.jpg

そして鉄筋の被り厚が適切に確保できているかもチェック。
ここではスペーサーで鉄筋を浮かせて被り厚が確保できるようにしています。
b0147156_1445461.jpg

キッチンやトイレ、浴室などの排水管が貫通する部分は下のように、事前に配管をセットしておきます。コンクリートを打ち込んだときに衝撃でずれないように番線で固定しています。
b0147156_14113190.jpg

その他、コーナーや人通口などに補強筋が入っているか、基礎立ち上がりレベルなどを確認します。

指摘した部分を手直ししてもらって、次はコンクリート打ちです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

# by tsukumi_archi | 2008-07-22 14:17 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 15日

基礎工事


基礎工事が進んでいます。(写真はSさんが撮影)
砕石を締め固めて、その上に土中の湿気が上がらないように防湿シートを敷いています。
溝のようになっているところは、地中梁といって基礎の骨格になるところです。
そこには捨てコンクリートが打たれています。
これは鉄筋を正確に組むために必要なものです。
砕石やシートの上はデコボコで線を引くことができないため、ここに墨(基準線)が打たれます。

施主のSさんが家づくりブログをはじめました!
「無垢の木の家」
http://mukunoie.blogspot.com/
いろいろと研究されているので、私より詳細にレポートしてくれるはず。。。
よろしかったらご覧になって下さい。

b0147156_93485.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

# by tsukumi_archi | 2008-07-15 09:04 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 23日

地鎮祭

b0147156_23492071.jpg


今日(日曜日)は神主さんに地鎮祭を執り行ってもらいました。
Sさんご家族、工務店の皆さん、設計者の私が参加です。

ザーザーとあいにくの強い雨になってしまいましたが、
Sさんのお母さんの「雨振って地固まるっていうじゃない!」の一言に
そうだよなぁ〜!っと妙に納得したのでした。

b0147156_2351240.jpg


その後、地縄張り(建物の形に縄を張って配置を確認)、ご近所への挨拶まわりをして解散となりました。(実はその帰り際にいろいろあったのですが。。。)

来週後半から、本格的に工事が始まる予定です。
監督さん、これから完成までよろしくお願いします。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

# by tsukumi_archi | 2008-06-23 00:01 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 16日

いよいよ始まります。

昨年末から、設計を進めてきた、大和市のSさんの家がいよいよ着工します。
それに先立って、屋根や外壁、サッシの色など大きなところの色決めをしました。

b0147156_212503.jpg


上の写真のように小さなサンプルですから、なかなかイメージが浮かばないかもしれません。
でもこうやって屋根があって壁があって窓が。。。って同時にみるとそれぞれの調和もみれるでしょう。
外に持ち出して陽の光でみることも大切です。照明の光とは素材の表情がだいぶ違って見えます。

b0147156_21101375.jpg


それから、Sさんのご実家で使われていた古硝子をもってきていただきました。
あたらしい家の扉に組み込もうという試みです。
星を散らした硝子の模様って、時代が一めぐりしてまたいい感じ。
そしてこういうちょっとしたところに、思い出を残せるのも良いですね。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

# by tsukumi_archi | 2008-06-16 21:25 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)