いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 27日

軒天井の板張り

小渕の家、軒天井の杉板が張られました。
軒先の黒いラインは屋根裏の換気スリットです。
ここから外気を吸い込み、棟の換気口から熱気と共に排気します。
b0147156_18113447.jpg


室内では電気配線が進められています。
スイッチやコンセントは多い方が便利ですが、壁の中や天井裏、見えないところにこれだけの電線があるのです。
本当に必要なもの、そうでもないもの、施主と一緒に考えながら設計しています。
b0147156_18121657.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2017-01-27 18:20 | 小渕の家 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 22日

館山の家、竣工しました!

昨年11月に完成した、館山の家です。
農家のような大きな土間と吹抜け、薪ストーブを備えた開放的な住まいです。
b0147156_20335612.jpg

屋根:ガルバリウム鋼鈑葺き、外壁:しっくい塗り、軒天井や戸袋は杉板にオスモカラー塗装
(外観写真のみ2017年7月現在。庭の緑が気持ち良いです)

b0147156_21134683.jpg
濡れ縁:桧すのこ張り、ウッドロングエコ塗装

b0147156_212170.jpg
シューズクローク。土間は松煙を混ぜた墨入りモルタル塗り。

b0147156_212890.jpg
薪ストーブは土間置き、上がり框に腰掛けて使う事ができます。
灰掃除も楽です。

b0147156_182684.jpg
玄関や廊下のない、一つながりのプラン。

b0147156_212132.jpg
居間・食堂:杉板張りの床と天井、壁はしっくい塗り。
木材は地場の山武杉。力強い木目と色見があります。

b0147156_8174840.jpg
キッチンと向かい合わせのカウンター。
幾何学模様のモザイクタイルとデッドストックの地松を据えました。
ここでは子供達が宿題をしたり、おやつを食べたりしています。

b0147156_2121899.jpg
畳敷きの客間。普段は襖を引き込んで居間と繋いで利用します。
壁は土佐和紙貼り、天井は杉板張りです。

b0147156_2122397.jpg
客間から土間の方向をみる。
吹抜けからストーブの暖気が家全体に回っていきます。

b0147156_21585236.jpg
施主さんこだわりの薪ストーブ。
煮込み料理やピザをご馳走になりました。
b0147156_2171220.jpg


b0147156_21253100.jpg
雰囲気のある洗面所。
カウンター下はオープンにして湿気がこもらないようにしました。

b0147156_2125899.jpg
2階のホールからの見下ろし。
どこにいても家族の気配が感じられます。

b0147156_213214.jpg
寝室の窓からの眺め。裏山にある神社の鳥居がみえます。

施工:株式会社 角田工務店

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2017-01-22 21:42 | 館山の家 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 19日

いずみ野の家、ラス下地張り

いずみ野の家、外壁のラス下地張りです。
これまで木ずりと呼んできましたが、ラス網を受ける下地ですので、正確にはラス下地と言う方が正しそうです。
b0147156_17455959.jpg

また、西側の妻壁に出窓がつきました。
吹抜けの三連の窓とあわせて、この家のアクセントになる大事な要素。
出来上がりが楽しみです。
b0147156_1746593.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2017-01-19 17:49 | いずみ野の家 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 16日

外壁の木ずり板張り

年明けの小渕の家、外壁に木ずり板が張られました。
構造体の外側に通気層を設けた上に、横に杉板をすのこ状に張っていきます。
これが左官材の下地になります。
b0147156_19554229.jpg

b0147156_19553566.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2017-01-16 19:58 | 小渕の家 | Trackback | Comments(0)