いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 29日

いずみ野の家、棟上げ

いずみ野の家、棟上げです。
初日は途中から雨が降り出し中断しましたが、次の日は快晴となり無事に棟が上がりました。
大黒柱への梁の四方差しや、太鼓の曲がり梁もぴったりと納まっております。
b0147156_2011099.jpg
b0147156_201493.jpg


b0147156_209748.jpg

大仕事をやり遂げた若い大工。良い表情していますね!
そして、施主、棟梁、設計者で建物の四隅と大黒柱にお清めをしました。
b0147156_1952294.jpg

b0147156_19523596.jpg
高いところは大工さんにお任せしました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-29 20:06 | いずみ野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 21日

太鼓梁の刻み

いずみ野の家、刻みの様子です。
この家では、天竜産の杉と桧、松を使い、加工は工場でのプレカットと大工による手刻みを組み合わせています。
手刻みのならではの加工として、小屋梁と1階の床梁にもちいる地松の太鼓梁があります。
地松とは地元の松という意味で、赤松や黒松が一般的です。
また、丸太の側面を平らにした梁を太鼓梁といいます。切り口が和太鼓を横から見た形に似ていますね。
b0147156_19104896.jpg
b0147156_19104346.jpg

ここに鉋をかけて、皮を剥いでいきます。
瓜皮剥きという仕上げです。手仕事の良さが出ています。
この上に床束を建てるのですが、自然の曲がりに合わせていくので全部長さが違います。
仮組みして確認していきます。
b0147156_19103823.jpg
b0147156_19103378.jpg

下は小屋の太鼓梁同士が組み合わさるところ。台持ち継ぎという継ぎ方です。
ダボを入れ噛み合わせ、目ちがいを入れて捩れを抑えます。
樹種によりますが、松は暴れる力が強いので見えないところで工夫をしています。
b0147156_19464654.jpg

暴れやすい反面、曲げ抵抗が大きいので民家の梁として昔から使われてきましたが、
だんだんと松が貴重になってきましたので、これから少なくなるでしょう。。。

準備完了、さあ、いよいよ棟上げとなりました!

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-21 19:40 | いずみ野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 19日

中野の家、外まわりの工事

中野の家、外壁や玄関庇、木格子などができあがりました。
外壁は火山灰が原料のしらす壁、玄関庇は銅板で葺いています。
今はピカピカですが、時間が経つと良い感じにくすんできます。
b0147156_1637162.jpg

b0147156_16371065.jpg

室内は大工さんの仕事が終わったところから、左官工事の準備に入っています。
ボードの下地処理です。地味ですができあがりに影響してくる大切な仕事です。
b0147156_16371477.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-19 16:41 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 17日

接合部の検査

小渕の家、筋交いと各部の接合金物が取り付けられましたので、検査を行ないました。
建物の剛性のバランスをとるために筋交いの配置、強さを使い分けており、それぞれに適切な接合金物が取り付けられているか確認していきます。
b0147156_1314763.jpg

b0147156_137993.jpg

特に建物のコーナーは地震の際に柱が引き抜かれる力が大きくなりますから、ホールダウン金物が正しく取り付けられているかも大切です。
b0147156_1371366.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-17 13:14 | 小渕の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 16日

薪ストーブの設置

館山の家、薪ストーブが設置されました。
灰などの掃除に気を遣わない土間に置き、居間からも使えるようにしました。
上がり框に腰掛けながら、ストーブが使えます。
AGNIという国産ストーブで、杉や桧などの針葉樹を燃やすことができます。
冬に間に合って良かったです!
b0147156_174323.jpg

b0147156_17425165.jpg

b0147156_17422728.jpg

b0147156_17424325.jpg

b0147156_1742968.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-16 17:48 | 館山の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 15日

底盤コンクリート打ち

いずみ野の家、底盤コンクリートを打設しました。
生コン車からポンプ車へコンクリートを移し、長いパイプで道路から遠い所から打設していきます。
正確な厚みになるように、レベルを確認しながら。。。
b0147156_11103427.jpg
b0147156_11104053.jpg

最後にコテを使って平滑にならして、無事終了です!

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-15 11:14 | いずみ野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 05日

基礎配筋検査

いずみ野の家、深基礎の後は底盤部と立上がりの基礎配筋の作業となります。
鉄筋径やピッチ、定着長さなどの確認、ホールタウンボルトやアンカーボルトの設置場所のチェックを行ないました。
同時に給排水管やガス管などを入れるルートも確保しておきます。
この後、コンクリート打設を行ないます。
b0147156_827526.jpg
b0147156_8271262.jpg
b0147156_8272066.jpg
自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-05 08:31 | いずみ野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 01日

館山の家、お引き渡し

館山の家、お引き渡しです。
まだ、いくつか工事が残っていますが、残りは住みながら進めることになりました。
曇りと雨降りの一日でしたが、地元の杉や桧の香り、しっくいの爽やかな空間を感じられました。
b0147156_8155861.jpg

b0147156_855595.jpg
夕方になり、施主さんの選ばれた真鍮のペンダントが取り付けられました。
明かりが灯るとまた良い雰囲気です。
b0147156_86071.jpg
b0147156_86437.jpg

また、竣工の際にはご紹介したいと思います。
ありがとうございました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-01 08:16 | 館山の家 | Trackback | Comments(0)