いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 29日

建て方その1

逗子の家、建て方が始まりました。
雨の心配がないのは良いですが、猛暑の中の作業で皆汗びっしょりです!
b0147156_1810596.jpg

まずは一階の立ち上げ、土台の上に柱を建て、その間に杉の厚板を落とし込んでいきます。
土台、柱、梁下には板厚分の溝が入っていて、下から一枚づつ入れていきます。
b0147156_1812375.jpg

梁下まで厚板が入りました。
b0147156_1812443.jpg

下の写真は柱の下に引きボルトの穴を開けているところです。
構造材の接合は伝統的な仕口継手としており、ほとんど金物は使いませんが、引き抜き力が大きくなるところについては引きボルトで対応しています。
b0147156_1811851.jpg

明日からはレッカー車が入り、大黒柱、2階梁、小屋組などの建て方に移っていきます。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2015-07-29 18:30 | 逗子の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 26日

建て方準備

基礎の上に桧の土台が敷かれ、周りには足場が組まれました。
b0147156_13564898.jpg

土台の上には溝が掘ってあり、ここに落とし込み板が入ります。
b0147156_13565369.jpg

基礎と土台の間には台輪を入れ床下の通気がとれるようになっています。
床の水平を微調整するためにミリ単位で厚みの違う台輪が用意されています。
b0147156_13571650.jpg

いよいよ明日から一週間かけて建て方が始まります。
天気も安定して雨に降られることはなさそうです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2015-07-26 14:05 | 逗子の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 16日

外部木部の施主塗装

豊田の家、施主さんの工事が始まりました。
外部の杉板張りに自然塗料を塗っていきます。
マスキングをしたり刷毛を使ったり、普段やらないことですが最後には手際良くなっていることでしょう。
濡れ縁などの再塗装は今後も必要になってきますので、自分でできるようになっていると安心です。
b0147156_11313799.jpg

大工さんの工事は雨戸の戸袋、畳コーナーの小上がりができてきました。
b0147156_11303114.jpg

b0147156_11312254.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2015-07-16 11:37 | 豊田の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 14日

木材刻み その2

逗子の家、作業場での構造材の刻みが続いています。
刻み終わった材料がここに並べられ、必ず地組みをして微調整をします。
はめ合いは緩くてはだめで、ぎりぎり割れず、きつく入る絶妙な精度で刻んでいます。
b0147156_17462578.jpg

棟梁がその場で、母屋の追っ掛け大栓継ぎを組んでみせてくれました。
適材適所、いくつもの仕口継手を使い分けています。
b0147156_17463251.jpg

b0147156_17463777.jpg


壁に落とし込まれる、厚板も入ってきました。
和室に使うように木目の良いもの、目立たないところには節の多いもの。。。と丁寧に選り分けてくれています。
まさに木遣いですね。
b0147156_17464555.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2015-07-14 17:59 | 逗子の家 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 13日

館山の家、設計スタート

千葉県、館山市で新しい住まいの計画が始まりました。
房総半島に行くと南国の空気感、ゆったりした時間が流れているように思います。
(逗子もそれに近い雰囲気ですが、またちょっと違う)
若いご夫婦と小さなお子さん二人の家族の住まい。
広めの土間、吹抜け、薪ストーブ。広がりのある開放的な空間をつくっていこうと思います。
b0147156_1184420.jpg

b0147156_1182565.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2015-07-13 11:17 | 館山の家 | Trackback | Comments(0)