いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 28日

ベースコンクリート打設

基礎ベースコンクリートの打設を行ないました。
まずは生コンクリートの受け入れ検査です。
コンクリートの硬さをみる、スランプ試験などをクリアしたら、いよいよ打設です。
後々にコンクリートの強度試験をするためのテストピースもここで採取しておきます。
b0147156_1535780.jpg

b0147156_1535795.jpg

生コン車からポンプ車、パイプを通して生コンクリートを送り出します。
不安定な足元で重いパイプを持っての作業は重労働です。
b0147156_15344043.jpg


b0147156_1535858.jpg

最後にコテで平滑に均して無事終了しました。
[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-28 15:41 | 袖ヶ浦の家 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 27日

土工事がスタート

昨日は工務店のはからいで、職人さんたちと顔合わせ会でした。藤野アートヴィレッジ内の野山の食堂で一緒にご飯を食べながら、自己紹介や今後の打ち合せなど。。。

家ってこんなに大勢の人が関わってできるんだ!と施主の辻田さん、実感した様子。
私も職人さん達と率直にやりとりしていきたいと思っているので、こういう会って良いなぁと感じました。

現場では土工事がスタートしました!
雨の日が多くて、建て方まで気が抜けません。
b0147156_21215371.jpg

b0147156_21215111.jpg

[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-27 21:23 | 森の音楽スタジオ | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 25日

基礎の配筋検査とスラブヒーター敷設

袖ヶ浦の家、基礎の配筋検査を行ないました。
鉄筋の径、本数、配筋ピッチ、定着長さ等、検査項目は多岐に渡ります。
丁寧に組まれていており、問題なく合格でした。

また、基礎コンクリートに蓄熱する暖房方式のため、基礎外断熱としています。
構造体をシロアリから守るため、防蟻剤入りの断熱材を使用しますが、防蟻剤には安全性の高いホウ酸を使用しています。
b0147156_18501168.jpg
その後はスラブヒーターの敷設作業を行ないます。黄色い棒がヒーターです。
コンクリートを打ち込んだ後は、やり直しの効かない工事ですから、配線に断線のないように慎重に作業していきます。
b0147156_18502658.jpg

[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-25 19:10 | 袖ヶ浦の家 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 23日

袖ヶ浦の家、地盤改良工事

前々回の地盤調査の結果から、2.5〜3mの深さで軟弱な自沈層が確認されました。
建物の圧密沈下は基礎下から2mまでの範囲で顕著に起こると考えられ、この範囲での自沈層の状態に特に注意を払う必要があります。袖ケ浦の家ではそれよりも深い層でしたが、低い荷重で急速地沈しているため、3.75mまでの地盤を柱状改良工法で改良することにしました。
b0147156_216029.jpg
b0147156_216224.jpg
セメントミルクと土壌を撹拌しながら、直径60cmの円柱の改良体を地中につくっていきます。基礎の下に合計32本の改良体をつくりました。
b0147156_216040.jpg
最後に改良体の上部を整えて終了です。
[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-23 21:17 | 袖ヶ浦の家 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 19日

森の音楽スタジオ、地盤調査

b0147156_19152868.jpg
報告が遅くなってしまいましたが、森の音楽スタジオの地盤調査を実施しました。
スウェーデン式サウンディング試験です。
山地なので地盤は良いはずですが、畑として使われていた土地なので、やや心配。。。
b0147156_19152997.jpg
最近の機械はリアルタイムで結果を見ることができるので、その場で大体の地盤判定ができます。
一カ所、自沈層(地盤の緩い層)がありましたが、全般的にはしっかりした地盤で安心しました。
[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-19 19:22 | 森の音楽スタジオ | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 16日

袖ヶ浦の家、地鎮祭

袖ヶ浦の家、地鎮祭です。肌寒い雨の中の地鎮祭となりました。
こんな天気でしたが施主さん、現場監督さん、みんなで協力しあって、設営準備できたことはプラスになることでしょう。
b0147156_1082115.jpg
b0147156_1081647.jpg

[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-16 10:13 | 袖ヶ浦の家 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 13日

森の音楽スタジオ、地鎮祭

b0147156_21224487.jpg
一昨日は森の音楽スタジオの地鎮祭でした。
怪しい風が吹いていましたが、ぎりぎりお天気もちました。
b0147156_21224538.jpg
施主の辻田さんの鍬入れの儀。一生に一度ですから緊張しますよね。
b0147156_21224613.jpg
式が終わって最後はお二人で。ホッした笑顔です!

施工は藤野の地元工務店創和建設さんです。

施主の辻田浩之さんのブログ。
太鼓叩きの山村的日常あるいは非日常
[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-13 21:28 | 森の音楽スタジオ | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 09日

袖ヶ浦の家、スタートします。

b0147156_21305165.jpg
昨日は袖ヶ浦の家の施主さん家族と工事契約に、茂原の工務店に行ってきました。
そこまでの道のりはのどかな里山風景です。もう、田んぼに水が張ってあって、田植えの準備中というところでししょうか。
b0147156_2134360.jpg
施工を担当するのは民家再生を得意とする工務店です。新潟から丸一棟分、持ってきたという古材を見せていただきました。スゴイ迫力です。
袖ヶ浦の家では古材は使いませんが、お父様が長年かけて集めてきた太い柱を大黒柱に、板材を和室の床板などに使う計画です。民家再生で培った技術がきっと役立ってくれるはず!今から楽しみにしています。
[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-09 21:44 | 袖ヶ浦の家 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 07日

春の花

b0147156_23582135.jpg

久しぶりに花の写真を撮りました。近所の土手に咲いていたキランソウ。
別名、地獄の釜の蓋。すごい名前だ。
[PR]

by tsukumi_archi | 2012-04-07 23:59 | Trackback | Comments(0)