いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 25日

足場がとれる!?

いよいよ外部の足場がとれる!というので、朝からどきどきしながら現場に行ってきました。
b0147156_002540.jpg

b0147156_23451915.jpg

今日はここまで、全容は次回に持ち越しです。。。
でも、半分だけでも雰囲気はつかめました。
素材の質感と色の組み合わせ。良い感じです!
まずはホッとしました。
[PR]

by tsukumi_archi | 2010-02-25 23:51 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 18日

手すりがつきました。

b0147156_1013423.jpg

バルコニーに手すりがつきました。
寒い中、皆さんに頑張っていただいています。
私など、打ち合せの間だけで凍り付いて口が回らなく。。な。る。ホント感謝です。
もう少しで足場がとれます。楽しみです!
[PR]

by tsukumi_archi | 2010-02-18 10:06 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 12日

木材刻みの見学と打ち合せ

木材の刻みの見学と打ち合せに工務店の作業場へ伺いました。
N邸は棟梁による手刻みとなります。
これは桧の柱と小屋束です。真壁で構造体が見えてくるので、丁寧に紙でくるんで汚れや傷がつかないようにしています。
b0147156_22342212.jpg
こんなに沢山!主に長ホゾ込み栓打ちでの接合となります。
b0147156_22345846.jpg
溝がついてあるのは背割りといって、割れ止めの役割を果たすものです。
立派な杉の磨き丸太も入ってきていました。
b0147156_2236670.jpg
土台は桧。腐りにくい性質があります。ここの継ぎ手は腰掛け鎌継ぎです。
b0147156_22371486.jpg

一番の見所は梁の継ぎ手です。金輪継ぎという曲げやねじれに強い接合方法で、その加工には高度な技術と手間がかかります。
b0147156_2238544.jpg
こうやって組み合わせて、真ん中に楔を打ち込んで互いの材料を引きつけます。
b0147156_22385077.jpg

b0147156_22383684.jpg

棟梁の細かな心配りと丁寧な仕事に感謝!
今から上棟が楽しみです。
[PR]

by tsukumi_archi | 2010-02-12 22:45 | 青梅市N邸 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 09日

2年経過のM邸(内部)

しばらく間が空きましたが、前回からの続き〜
完成してから二年が経過した南房総M邸の内部です。
b0147156_12325119.jpg
赤黒く迫力のあった山武杉の板張りが穏やかな表情に変わっていました。
b0147156_1233250.jpg
ネコ階段。活用しているみたいですね!
b0147156_12331154.jpg
薪ストーブです。焼き芋焼いてます。
b0147156_12332110.jpg
愛犬ミニィはこたつでいい気持ち。
[PR]

by tsukumi_archi | 2010-02-09 12:33 | 南房総市M邸 | Trackback | Comments(0)
2010年 02月 02日

2年経過のM邸(外部)

完成してから二年が経過した南房総M邸の外回りです。
b0147156_17462181.jpg
戸袋やバルコニーの手すりなど、木部は日焼けと風雨にさらされ良い感じになってきてます。
b0147156_17463332.jpg
薪ストーブの煙突。薪は工務店からもらえる端材でまかなっているそうで、環境にもお財布にも優しいそうだ。冬の間はずっと灯したままでです。
b0147156_17464759.jpg
築70年の母屋のリフォームも完成。こちらの板壁はまだ初々しいですね。
b0147156_1746562.jpg
今回は地デジアンテナを取付けました。東京湾を越えて平塚から電波を拾うのですって。
[PR]

by tsukumi_archi | 2010-02-02 17:56 | 南房総市M邸 | Trackback | Comments(0)