いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

杭工事終了

b0147156_15543018.jpg

6本の杭、全ての施工が終了しました。
昨日の現場はとにかく暑くて、皆さん汗びっしょりになりながらの作業でした。
まずは安全に工事ができて良かったです。
ありがとうございました。
b0147156_15544591.jpg
ケーシングの引き抜き。杭はこの水の中に埋まっています。
b0147156_15545762.jpg


来週からは根切り工事です。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-31 16:00 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 28日

おすわり

おすわりができるようになりました。支えてあげなくてもほとんど大丈夫。
睦月にとってはとても大きな変化なのでしょう。
得意げな表情です。(でもよだれがっ。。)
b0147156_1429983.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-28 14:33 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 25日

杭工事(コンクリート打設)

いよいよコンクリートを竪穴に打設します。
高い位置からコンクリートを落とすと、砂利などの骨材が分離してしまいますので、トレミー管という管を孔の底まで降ろして、この管を通してコンクリートを流し込むようにします。そして打設が進むのに合わせて徐々にトレミー管を短くしていきます。
b0147156_14524080.jpg

b0147156_1453275.jpg

生コン車が入ってきました。
この際にコンクリートの種々の受け入れ試験を行います。
スランプ試験、これは生コンクリートの堅さ(柔らかさ)を調べる試験で、生コンの下がった数値で判断します。
b0147156_14571267.jpg

空気量試験、コンクリート中の空気量が規定値内に入っているかを調べます。
その他に塩化物量の試験などを行ない、問題がなければ打設に入ります。
b0147156_14572311.jpg

b0147156_14584753.jpg

生コン車からトレミー管を通して竪穴へコンクリートを流し込みます。
これで一本目の杭工事が終了しました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-25 15:03 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 24日

見積もり依頼

青梅市N邸、設計、打ち合せ、一時中断もあり、ずいぶん時間がかかりましたが、ようやく見積り依頼の段階まできました。
今回は相見積りと言って、2つの工務店に見積りを依頼しています。
こうすることで、互いに競争原理が働きますし、見積り内容も細かいところまで比較できます。
b0147156_1821215.jpg

施主に代わって見積書の内容や金額を精査するのも、設計事務所の大切な仕事です。
その内訳を読むことで、その工務店の仕事ぶりが想像できます。
ざっくり見積りしてくるところ、詳細まできっちり入れてくるところ。本当に様々です。

安いことは良いことですが、安かろう悪かろうでは困ります。
果たしてこの金額で良い仕事ができるのだろうか?図面の内容を理解できている?
安いことで逆に不安になる場合もあります。

技術力やコミュニケーション能力なども含めて、総合的に選ぶようにしています。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-24 18:11 | 青梅市N邸 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 23日

杭工事(鉄筋かごの挿入)

前回からの続きです。(実際は一日でコンクリートの打設まで行なっています)

竪穴の掘削が終わると鉄筋が運ばれてきました。
事前に加工場で鉄筋を円柱のかご状に溶接してきています。
b0147156_1725963.jpg

受け入れ検査
鉄筋の長さや外形、太さや配筋ピッチが設計図の通りかどうかチェックします。
設計事務所の工事監理の大切な仕事です。
b0147156_1731242.jpg
b0147156_1732367.jpg
b0147156_1733911.jpg

継目のない33mの長い鉄筋でつくるのが理想的ですが、運搬や施工の都合で6分割になっています。一本が6m程度で、これを竪穴に入れながら順次かごを継いでいきます。
次の鉄筋かごを差し込みやすいようにバンドで下のかごの主筋を絞っています。
b0147156_1735017.jpg

b0147156_174074.jpg

b0147156_1719661.jpg

継ぎ手の長さは強度上重要ですので、ここもしっかりチェックします。
これを5回繰り返して鉄筋の挿入は終了です。
b0147156_174960.jpg

上から竪穴を覗くとこんな状態です。
竪穴保護のためベントナイト液が溜まっているのでそれほど深く感じませんが、33mの深さ(マンションの11階程度)ですから落ちたらひとたまりもありません。よく考えるとかなり怖いことしてます。。。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-23 17:26 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 22日

杭工事(試験掘り)

b0147156_15385064.jpg

不安定な天候の中、杭工事が始まりました。
今回は6本の支持杭を33m下の支持地盤まで6本打ち込みます。
アースドリル工法という工法で、杭打ちとはいっても振動や騒音の少ない工法です。
まず地面を掘削し竪穴を掘っていきます。
一本目は試験杭と言い、支持地盤まで掘削しながら土のサンプルをとっていき、ボーリングデータと比較します。
b0147156_1539328.jpg

深さによって粘土層や砂の層などいろんな色の土が出てきます。
上の写真では右上から左下へ1mづつ深くなるように並べています。
何だかグラデーションがきれいですね。
b0147156_15391619.jpg

浅いところは茶色い植物などの腐植土、中間はグレーの粘土、深くなるに連れて砂質になっていきます。
太古の時代この場所は河や海底だったのでしょうか?
予定通り、30mより下に支持力の高い砂の層が出てきてホッとしました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-22 15:41 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 17日

鉄板敷き

いよいよ来週から杭打ち工事がスタートします。
大きな重機が入るため全面に鉄板が敷かれました。
b0147156_1311562.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-17 13:12 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 14日

離乳食

睦月は6ヶ月になりました。
今月から離乳食を食べ始めています。
おかゆさんにカボチャやニンジン、じゃがいものすったものを加えています。
といってもまだまだ99%は母乳です。スプーンほんの数口程度をもぐもぐやってます。
b0147156_18341389.jpg
b0147156_18342584.jpg

あんまり美味しそうな顔してないなぁ〜!
徐々に慣れるかな。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-14 18:39 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 11日

友人のオープンハウス

今日は友人の小久保美香さんの設計した住宅のオープンハウスへ行ってきました。
私と同級生で同じように独立して頑張っていて、励みになります。
b0147156_2215419.jpg

この住まい規模は小さいのですが、ワンルームの中に立体的にいろいろな場所があり、それでいて一つ大きな屋根の下という暖かな雰囲気が感じられました。
小さな子供たちも我が家のように遊び回っていましたね。

施主さん、小久保さんありがとうございました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-11 22:03 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 09日

仮設工事

仮設工事が始まりました。
仮設とは工事中に必要な水、電気、トイレなどを設けることを言います。
工事期間だけ使用する仮の設備なので仮設なのですね。
下の写真は井戸を掘っているところです。
現状で水道が本管から引き込まれていない敷地でしたから、工事中は井戸水を利用することにしました。
b0147156_18463545.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-09 18:47 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)