いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 27日

荒床張り

荒床が張られました。荒床とは仕上げ床の下地です。
杉の相じゃくり板で、見えなくなるのがもったいないくらい。
赤身の表情がきれいです。

b0147156_222452.jpg


2階の荒床は斜め張りとしています。
これは平面剛性を高めるためで、床を歪みにくくする働きがあります。
合板を貼ってしまえば簡単なのですが、なるべく自然なものを使いたいので、
こういった工夫をしています。
しかし、大工さんにとっては手間のかかる作業です。


b0147156_22262245.jpg


上は2階のトイレの隅の部分です。
ここに前回のブログにある、手作りの手洗器がつきます。
青い管が給水管、灰色の管が排水管です。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2008-09-27 22:34 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 11日

手作りの手洗い器

Sさんより「手作りの手洗い器が届きました!」と連絡がありました。
子供たち3人で力を合わせた力作です。
手作りならでは?の不思議な色。
ちょっといびつだったり、ヒビもいい味じゃないでしょうか。

b0147156_1863752.jpg



確か5月連休の頃(まだ設計中でしたので)に作ったのを焼いてもらっていて、やっと届いたということ。

2階のトイレの手洗いに使いますので、スペースに合わせた大きさにしてもらいました。
直径21センチのかわいい器です。
ちゃんと排水できるように金物もついています。

これから先がまた楽しみです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2008-09-11 18:17 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 07日

屋根工事

上棟から一週間が経ちました。
施主のSさんと現場へうかがうと、板金屋さんが屋根を葺いていました。
ガルバリウム鋼板という耐食性に優れた金属屋根です。
b0147156_21255617.jpg

いつもながら、結構な勾配の屋根を平然と歩いている職人さんはすごいなぁ〜と思います。
こちらは大屋根の葺き状況です。
(わたしはここまでで精一杯。。。)
b0147156_21274030.jpg


そして断熱の工事も進んでいます。
一階から小屋組を見上げたところ。
白い綿のようなものがポリエステル繊維の断熱材で、ペットボトルをリサイクルして作られています。
b0147156_21305910.jpg

(大黒柱がすっと屋根まで伸びているがわかりますか?Sさんが思った以上に喜んでくれていて、私もうれしくなりました)

下は玄関ポーチの屋根を見上げたところです。
b0147156_2134648.jpg

この日(土曜日)は暑い一日でしたが、屋根の下に入ると心地良い風が流れていました。
一方、板金屋さんはずっと屋根の上での仕事で「まったく灼熱だよ!」とおっしゃってました。
大変な中ありがとうございました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2008-09-07 21:49 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 01日

上棟しました。

8月末の30日に無事上棟しました。
予測できない豪雨と雷だったこの一週間。
不安定な天候のなか作業を進めていただきました。

b0147156_9351927.jpg


棟梁をはじめ、たくさんの大工さんが応援に駆けつけてきてくれています。
下は垂木を留めているところ。

b0147156_938054.jpg


b0147156_9383338.jpg


軒の出を通常よりもたっぷりとっているので、垂木の並びがきれいに見えます。

樹種は土台が桧(ひのき)、柱や梁などが杉で、どちらも天竜材(静岡県)です。


b0147156_9402582.jpg


内部の様子。ここは1階のリビングルーム。奥は畳敷きの主寝室になります。
上棟するとはじめて広さの実感が湧いてきます。
Sさんは思ったよりも広いな〜と感じたそうです。

b0147156_9432137.jpg


上は杉の大黒柱。通し柱といって、土台から屋根まで一本の長い柱です。
皮を剥いただけの磨き丸太ですから、根元から先端に向かって細くなります。
家の中に大きな樹が生えているような感覚になります。
この家の要になってくれることでしょう。

この後、豪雨になり垂木にビニールシートをかけて作業は取り止めになりました。
上棟式はSさんご家族からおもてなしをしていただき、大工さんや監督さんと歓談して終了となりました。ありがとうございました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2008-09-01 09:59 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)