いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 30日

脱型(だっけ)しました!

型枠が外され基礎が姿をあらわしました。(写真はSさんの撮影)
この型枠を外す作業を脱型(だっけ)と言います。
b0147156_16202648.jpg

下の写真は大黒柱が据えられるところです。
大きな荷重がかかるため、独立基礎的な扱いとしています。
b0147156_16254591.jpg

所々にボルトが立っていますが、長いものはホールダウンボルトといって、柱と基礎を直接つなぐ引き抜き防止の金物です。
耐力壁の前後など地震の時に局所的に大きな引き抜き力がかかるところに設けます。
短いものはアンカーボルトといって土台と基礎をつなぐ金物です。こちらは建物全体を基礎に固定するものです。
b0147156_16294728.jpg

こちらは基礎の側面にあけられた水抜き孔です。
工事中の雨で基礎がプールにならないように設けます。(最終的には塞ぎます)
地味?な存在ですが、このところ突然の豪雨にかなり役に立っているようです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2008-07-30 16:39 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 26日

基礎コンクリート打設

基礎のコンクリート打ちが終了しました。
これは立ち上がり部分の打設が済んだところです。
b0147156_17122686.jpg

一般的にコンクリートは2回に別けて打ち込みます。
まず初めにベタ基礎の底板部分を打ち込みます。
その後、立ち上がり部分に型枠をセットして、2回目のコンクリートを打ちます。

立ち上がり部分にブルーシートが掛けられていますが、これはコンクリートの急激な乾燥を防ぐためです。(こういうのを養生するといいます)
b0147156_17154745.jpg

今日のような真夏の炎天下でコンクリートを急激に乾燥させると、収縮ひび割れが起こる可能性がありますので、表面をシートで覆うことでゆっくり乾燥させているのです。
真夏ならではの光景です。

数日おいて型枠を外します。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2008-07-26 17:24 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 22日

基礎の配筋

基礎の配筋が出来上がり、検査を行なってきました。
各通りの鉄筋がそろっていて丁寧な仕事ぶりです。
b0147156_1403091.jpg

使用されている鉄筋の種類や太さ、間隔が適切かどうかチェックします。
b0147156_1424374.jpg

そして鉄筋の被り厚が適切に確保できているかもチェック。
ここではスペーサーで鉄筋を浮かせて被り厚が確保できるようにしています。
b0147156_1445461.jpg

キッチンやトイレ、浴室などの排水管が貫通する部分は下のように、事前に配管をセットしておきます。コンクリートを打ち込んだときに衝撃でずれないように番線で固定しています。
b0147156_14113190.jpg

その他、コーナーや人通口などに補強筋が入っているか、基礎立ち上がりレベルなどを確認します。

指摘した部分を手直ししてもらって、次はコンクリート打ちです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2008-07-22 14:17 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)
2008年 07月 15日

基礎工事

基礎工事が進んでいます。(写真はSさんが撮影)
砕石を締め固めて、その上に土中の湿気が上がらないように防湿シートを敷いています。
溝のようになっているところは、地中梁といって基礎の骨格になるところです。
そこには捨てコンクリートが打たれています。
これは鉄筋を正確に組むために必要なものです。
砕石やシートの上はデコボコで線を引くことができないため、ここに墨(基準線)が打たれます。

施主のSさんが家づくりブログをはじめました!
「無垢の木の家」
http://mukunoie.blogspot.com/
いろいろと研究されているので、私より詳細にレポートしてくれるはず。。。
よろしかったらご覧になって下さい。

b0147156_93485.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2008-07-15 09:04 | 大和市S邸 | Trackback | Comments(0)