いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中野の家( 14 )


2016年 12月 02日

中野の家、見学会のお知らせ

中野の家、見学会が行なわれます。

住宅密集地の3階建てですが、国産の無垢の木やシラスの塗り壁、土佐和紙といった安全な素材をもちいて、
自然を感じられる健康に配慮した住宅になっております。
狭小地での住まいをお考えの方には、参考になると思います。

お申し込みは、河合工務店までご連絡ください。
b0147156_9261026.jpg

b0147156_9261943.jpg

b0147156_9262462.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-12-02 09:35 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 01日

中野の家、建具吊り込み

中野の家、いよいよ工事終盤です。
内部は左官屋さんが壁を塗り、建具屋さんが扉や障子の微調整をしながら吊り込んでいきます。
外部は足場がとれて、全貌を見ることができました。
格子から入る光が良い感じです。
b0147156_17421061.jpg
b0147156_17421546.jpg
b0147156_1742225.jpg
b0147156_1742267.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-12-01 17:49 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 19日

中野の家、外まわりの工事

中野の家、外壁や玄関庇、木格子などができあがりました。
外壁は火山灰が原料のしらす壁、玄関庇は銅板で葺いています。
今はピカピカですが、時間が経つと良い感じにくすんできます。
b0147156_1637162.jpg

b0147156_16371065.jpg

室内は大工さんの仕事が終わったところから、左官工事の準備に入っています。
ボードの下地処理です。地味ですができあがりに影響してくる大切な仕事です。
b0147156_16371477.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-11-19 16:41 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 14日

中野の家、木部造作工事

中野の家、木部の造作工事が進んでいます。
和室の凝った天井ができたり、こんなアーチ型の入口も。。。
下地にも合板を使わず、無垢材でやっています。
b0147156_18164951.jpg
b0147156_18165354.jpg

構造設計者の教え子達が勉強に現場見学に来ました。
日本の山の木のこと、健康な住まいのための素材のこと。
幅広くいろいろと感じ取ってくれたようです。
b0147156_181715.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-10-14 18:22 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 26日

天井の板張り

中野の家、外部は屋根のガルバリウム鋼鈑を葺き、内部では天井の造作中です。
3階建ての場合、火災の際に上階に燃え抜けないように防火の規制が厳しくなります。
板張りの天井にするには、下の写真のように石こうボードを張った上から板を張る必要が出てきます。
b0147156_1946489.jpg

b0147156_19454630.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-09-26 19:50 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 28日

中野の家、進行状況

中野の家、久しぶりの更新です。

工務店さんの自邸なので、どうしても工事の優先順位が後回しになってしまっています。
玄関には鋼製のシャッターがつきました。
防火制限の厳しい地域で木製の玄関戸をつけるため、シャッターで防火のラインをつくります。
普段はシャッターを上げておき、存在が感じられないようにします。
b0147156_855557.jpg

2階のリビングは床暖房をします。根太の間にパーライトモルタルを敷き、蓄熱層としています。
天板は出窓に使う予定の板材です。
ショールームの役割もしますので、場所によっていろいろな樹種を使います。
b0147156_856037.jpg

電気配線の工事も進んでいます。
限られた空間を活かすため、食卓はテーブルを動かしてレイアウトを変えられるようにしたい。
チェーン吊りのペンダントで明かりの位置も動かせるようにする予定です。
b0147156_856523.jpg
b0147156_913048.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-07-28 09:14 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 25日

荒床斜め張り

中野の家、構造の検査を行ないました。

木造3階建てのため、各接合部の仕様も強力になっています。
下の写真の柱の引き抜きに対抗するホールダウン金物は60kN。
2階建てですと大きくても35kNですから、地震時にいかに大きな力がかかるかわかります。
b0147156_20235395.jpg

そして2,3階の床下地は杉の厚板を互い違いに斜めに張っています。
一般的には構造用合板が張られる場合が多いですが、合板を使わずに床の変形を抑える工夫です。
b0147156_20234284.jpg

屋根の垂木も通常より大きなサイズを使っています。
b0147156_20234947.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-05-25 20:35 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 08日

外部の色決め

中野の家、サッシや屋根、外壁等の色決めの打ち合わせです。
設計中に色を決めることは稀で、上棟前後に現場で施主と打ち合せ、決定しています。
屋根や外壁に使用するガルバリウム鋼鈑にはたくさんの色がありますが、
自然素材のしっくいや杉板と組み合わせるので、全体をイメージしながら決めて行きます。
経験上、無難な組合わせもありますし、試したことのないもので冒険することもあります。
b0147156_18131874.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-04-08 18:19 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 17日

中野の家、上棟

中野の家、上棟しました。
住宅密集地ですので電線の間をかわしてレッカーで材料を上げたり、大変でした。
写真も引いて撮れないので、なかなか全貌が。。。
b0147156_2084959.jpg

b0147156_2085572.jpg

厚さ30mmの荒床も入ってきています。この家では厚板を斜に張って水平剛性を確保します。
出来上がると見えなくなってしまいますが、縁の下の力持ちです。
b0147156_2085973.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-03-17 20:13 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 21日

基礎配筋検査

中野の家、こちらも基礎の配筋検査を行ないました。
3階建てですので、普段と比べて地中梁も多いですし、鉄筋量も多めです。
来月中旬に建て方の予定です。
b0147156_14434345.jpg

b0147156_14434823.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-02-21 14:45 | 中野の家 | Trackback | Comments(0)