いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 138 )


2016年 06月 02日

キッチンの打ち合わせ

キッチン製作の打ち合わせに施主さんと横浜元町の板金屋さんに行ってきました。
(今のおしゃれな商店街からはイメージできませんが、元々は家具等の職人の街だったそうです)

武蔵野の家のキッチンは敷地の制約から変則的なL型レイアウトとなり、システムキッチンやプレスの既製品では対応できませんので、板金屋さんに製作してもらうことにしました。
お店で実例を見せていただきながらの打ち合わせです。
b0147156_19561027.jpg

b0147156_19561993.jpg

一品物ですので手間も時間もかかりますが、施主さんの要望をお聞きしながら徐々に形にしていきます。
カウンターの形状やシンクの大きさ、深さ、表面仕上げなど自由自在にできます。
b0147156_1956159.jpg

シンク側のカウンター下はオープンにし、ステンレスの丸脚で支持する予定。。。
機能的でシンプルな潔いキッチンになりそうです。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-06-02 20:25 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 28日

5×緑、説明会

大地を守る会の催しで5×緑(ゴバイミドリ)の説明会に参加してきました。
この日は雨上がりで、開催場所のテラスの緑が活き活きと気持ち良い空間になっていました。
b0147156_16302573.jpg

特徴は網かごのキューブに植栽を施し、ユニット化していることで、上面に加えて側面の4面にも植栽(会わせて5面)ができます。その為、都会の限られた敷地でも立体的に緑のスペースを創ることができます。
b0147156_16304155.jpg

樹種は日本固有の在来種を混植してあり、里山の環境を気軽に楽しむことができます。
シラカシ、ヤマブキ、テイカカズラ、ガマズミ。。。まるで雑木林の中にいるようです。
b0147156_16303192.jpg

マリンランプを組み合わせた、素敵な屋外照明もありました。

私の設計室にも小さな里山ユニットがあるのですが、最近あまり元気がありません。
これを機にまめに外に出してあげようと思いました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-05-28 16:48 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 14日

地盤調査

武蔵野の家、地盤調査を行ないました。
関東で大雪が降った次の日です。
こんな状況でも調査に来てくれるのですからありがたいです。
調査の結果、一部軟弱な層がありましたが、中野の家と同様、関東ロームの安定した地盤が出てきました。
b0147156_16554357.jpg

b0147156_16554982.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-02-14 16:59 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 16日

武蔵野の家、設計スタート

東京都武蔵野市で新しい住まいの計画がはじまりました。
町なかでも光や風、自然が感じられ、小さくても豊かに暮らせる空間を目指しています。
b0147156_17311841.jpg

b0147156_17311323.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2016-01-16 17:38 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 18日

フェリーに乗る

ある計画の現地調査と法的調査のため、久しぶりに東京湾フェリーに乗りました。

インターネットが便利になって大概のことは調べがつくようになりましたが、
やはり実際に訪れないとわからないこと、感じられないことは沢山あります。

普段、船に乗る機会はありませんから、ちょっとした旅気分を楽しみました。
b0147156_11104662.jpg
自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2015-06-18 11:14 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 29日

大和田の家、設計スタート!

八王子市で新しい住まいの設計が始まりました。
敷地は住宅街の南北に細長い、いわゆるうなぎの寝床です。
日照や風通し、構造的にも難しい条件にはなりますが、
伝統に学びつつ、新しい要素もとりいれた現代町家を目指します。
b0147156_1355307.jpg

b0147156_13545259.jpg

b0147156_13551771.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2015-05-29 14:45 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 25日

ペレットストーブの勉強会

大地を守る会の提携工務店、設計事務所の皆さんとペレットストーブの勉強会に参加しました。
ペレットストーブとは、木質ペレット(間伐材や製材のおがくず等を圧縮成形したもの)を燃料としたストーブです。
ストーブの仕組みやメンテナンス、ペレットの作り方を見ることができました。
b0147156_1572787.jpg
b0147156_1572162.jpg

暖かさは充分で、薪ストーブと同じ様に炎も楽しめます。
取り扱いは薪ストーブとガスファンヒーターの中間といったところ。
スイッチポンだけではダメで、自分で着火したり、灰掃除など日頃の簡単な手入れは必要になりますが、無垢の床のお手入れが苦にならない方でしたら大丈夫と思います。
b0147156_1555324.jpg

ペレットは国産の木(すぎ、ひのき、さわら、ひば)からつくられたものがあるので、それを購入して使うのがおすすめです。そのお金が地域の山に還元され、森の手入れや植林ができます。
石油やガス、原子力は資源を使い切ったら終わり、一方通行のエネルギーです(お金も海外に出て行ってしまいます。)
木は適切に利用していけば永続的に回し続けることができます。
なにより、この炎の暖かさが感覚的にも心地良く感じられました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2015-03-25 15:16 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 17日

地盤調査

荒川のグループホーム、設計と並行して地盤調査を実施しました。
鉄筋コンクリート造の3階建てとなりますので、標準貫入試験という精密な調査方法をとります。
深さ毎の地質のサンプル、横方向の耐力なども調べることができます。
b0147156_12141472.jpg

掘り出してすぐにシルト層がでてきました。貝殻まじりなのは昔はここが海だったからでしょうか。。。
しっかりした支持地盤に達するまで5日間かかりました。
この調査結果を元に杭や基礎の設計が行なわれます。
b0147156_12134135.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2013-11-17 12:15 | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 10日

詳細模型

荒川のグループホーム、基本設計がまとまってきましたので、詳細な模型をつくりました。
アプローチからどんな風に見えてくるか。バルコニーの視線の抜け具合はどうか。
そんなところまでイメージがふくらみます。
b0147156_14512412.jpg
b0147156_14511632.jpg
b0147156_14512225.jpg

屋根を外せるようにしてあるので、室内の様子も立体的にわかります。
打ち合わせの中で、図面ではなかなか表現しずらいところも、模型があればイメージを共有できます。
b0147156_1454754.jpg

b0147156_14512147.jpg

b0147156_1454584.jpg


自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2013-10-10 15:00 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 26日

基本プラン決定!

荒川のグループホーム、基本プランの決定です。
一進一退を繰り返してきましたが、ようやく皆さんに納得していただけるものとなりました。
模型をみても、あまり変化はありませんが。。。
コンセプトは変わらず、諸処の要望に応えています。
b0147156_12343090.jpg

b0147156_12351883.jpg

b0147156_12354250.jpg

b0147156_12351697.jpg

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2013-09-26 12:36 | Trackback | Comments(0)