いえづくり現場ノート(いちかわつくみ建築設計室のブログ)

tsukumi293.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 22日

杭工事(試験掘り)

b0147156_15385064.jpg

不安定な天候の中、杭工事が始まりました。
今回は6本の支持杭を33m下の支持地盤まで6本打ち込みます。
アースドリル工法という工法で、杭打ちとはいっても振動や騒音の少ない工法です。
まず地面を掘削し竪穴を掘っていきます。
一本目は試験杭と言い、支持地盤まで掘削しながら土のサンプルをとっていき、ボーリングデータと比較します。
b0147156_1539328.jpg

深さによって粘土層や砂の層などいろんな色の土が出てきます。
上の写真では右上から左下へ1mづつ深くなるように並べています。
何だかグラデーションがきれいですね。
b0147156_15391619.jpg

浅いところは茶色い植物などの腐植土、中間はグレーの粘土、深くなるに連れて砂質になっていきます。
太古の時代この場所は河や海底だったのでしょうか?
予定通り、30mより下に支持力の高い砂の層が出てきてホッとしました。

自然素材の家 いちかわつくみ建築設計室
[PR]

by tsukumi_archi | 2009-07-22 15:41 | 我孫子S共同住宅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsukumi293.exblog.jp/tb/11565068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 杭工事(鉄筋かごの挿入)      鉄板敷き >>